比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

結納はしなければいけないの?現代事情とポイントご紹介

現代では結納と聞いてもピンとこないかも知れません。代々家系が当然のように結納を行ってきている人はともかく、核家族化が進んでいる現代は結納の替わりに食事会にするなど、結納に替わる行事と化していることが伺えます。しかし、単に食事会をするにしてもなぜ食事会をしているのかは結納の意味も知らなくては、今一つ充実感に欠けるのではないでしょうか。結納とともに、結納にかかわる事情をお伝えしていきます。

結納って何?

結納はもともと、新郎が新婦に結婚式で着る着物やドレスを贈り、そのお礼として新婦の家族が食事などを振る舞ったことが由来です。そのドレスが現金化し、お礼も食事ではなく現金になったのが現代の結納です。新婦の親にお金を渡すなんて、おこづかいをあげているのか、人身売買なのかなど疑問に思う方もおられるかも知れません。

しかし、現金化されたとしても、意図はこのお金で花嫁さんにウェディングドレスを買ってあげてくださいという、新郎からの暖かいプレゼントなのです。そのため、正式な結納での目録には帯地料などと書くようです。しかし、何に結納金を使うかは新婦家の自由です。親に余裕のある場合、新郎新婦の結婚資金のたしにしたり、結婚後の生活の糧にしたりすることが多いようです。

いくらくらいが相場なの?

新郎から新婦へ贈られる結納金の相場は、給料の3倍くらいだと言われています。一般的には100万円なのだそうです。8は末広がりで縁起がいいことから、80万円とされる方もいるようです。

200万円以上の場合は、熨斗袋では入りきらないため、桐の木箱に入れて贈るそうです。昔は結婚年齢が若かったことから、新郎の親が全額負担していましたが、今は新郎が自ら捻出することが多いようです。折半の場合もあるようです。

新婦の結納返しの相場は?

新婦がお礼として贈る結納返しですが、目録に袴料と書くことから、このお金で新郎の結婚式の袴を買ってあげてくださいという意味合いがあります。相場は関東では半返し、関西では1割返しとなります。関西では男性をたてるという意味や、亭主関白を意識して新婦は控えめにという意味なのだそうです。

仲人が両家を行き来するって本当?

結納では、仲人さんが新郎が準備した結納箱を新婦の家に持って行きます。新婦の家に到着すると、仲人さんは部屋に結納品を飾った後、昆布茶や引菓子をいただきながら、新婦が用意した家族書、親族書、受書などを受け取ります。その後、新郎の家に再度出向き、新婦から受け取った受書や結納返しを新郎家の人々にお渡ししたようです。

しかし、現代では仲人をたてる人も少なくなっています。また、新婦の家で結納品を飾るなどすることが出来ないことも多く、そのため結婚式場やホテルで結納プランというものがあり、両家がそこで結納を交わすこともできるようです。結婚式場サイトであるマイナビウェディング、楽天ウェディングなどで探されるのも1つです。

婚約指輪を結納品に?現代の結納事情

現代は昔のように結納を交わしても、新居に結納道具一式を保管することも難しくなりました。そこで、両家の結納の代わりに、食事会をすることが多く、その中で新郎から新婦へ婚約指輪の贈呈をするようです。

この時、結納返しとして食事会の費用は新婦側が負担するなどすることもあるようですが、そのあたりは特別決まっていることもなく、両家の話し合いですみそうです。

食事会はどこでするのがいい?

食事会に関しては、個室だと窮屈で話題に困ったりすることもあるようですが、大広間だと食事会の雰囲気に欠けるという意見もあるようです。おすすめは、仕切りのある個室というところでしょうか。

服装はどうするの?一般的に、本格的な結納をする場合は両家で話し合って決めたり、新郎の母親に新婦の母親が合わせるなどしていたようです。しかし、食事会は簡略的なものなので、振袖など着ることはあまりないようです。

結納とと食事会の違いって何?

結納は、確実に結婚を約束する儀式であるのに対し、食事会は両家の親睦を深めるという意味合いが強いです。例えば、食事会の場合は、もしも2人に何かあった場合も別れやすいのに対し、結納は確実性が高いので結納をした後に破綻になることはめずらしいようです。

つまり、昔は経済的支配は新郎にすべて託されていたので、新婦、新婦の親の立場は弱いものでした。そのため、新婦を守るための儀式であったとも言えそうです。しかし、食事会をすればよほどのことが無い限り破綻になることもめずらしいのではないでしょうか。

現代でも、結婚を確実にしたいと願う新婦は、結納を希望しているかも知れません。しかし、結納金は新郎が負担するものなので新婦からは決して結納をしたいとは言えないですし、言うのはNGです。また、逆に新郎家から新婦家に結納をどうしたいのかと持ちかけるのもNGです。

たとえ新婦の両親は結納をしてほしいと思っていても、結納をしてほしいということは、願い下げをさせていることになり新婦側に失礼にあたるからです。

新郎側が、「結納をささやかにさせていただこうと思いますが、いかがですか?」など、新婦側に選択権があるような聞き方にするべきでしょう。

結納~まずは新郎と新婦2人だけで話し合おう

結納は両家の問題でありつつも、仲人がいない最近の結婚事情においては、両家が十分話し合わないと結婚後のお付き合いも悪くなりがちです。そのため、まずは新郎新婦2人で結納についてどうするのかなどを確認し合うことがポイントです。

親の気持ち、自分達の希望など色々考える事は多いですが、結納も結婚式のイベントの1つだと思い、いい思い出になるようにするのがコツです。

人気コラム