比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

和の伝統での挙式!神様の前で違う神前式

結婚式といえば、まず真っ白なウェディングドレスが浮かびますが、日本には古来からの伝統を大切にした神前式があります。ウェディングドレスを着て教会で挙式する洋風の結婚式と、特に宗教にこだわるのではなく招待客の前で結婚を宣言する人前式、そして和の神前式や仏前式が主な結婚式のスタイルです。神前式とはどんな結婚式になるのでしょうか。

神前式とはどんなお式?

会場は神社や式場の神殿

神前式は神様の前で行う挙式です。教会もキリスト教の神様の前ではありますが、神前式は日本の神様のことを指します。そのため会場の多くは神社や結婚式場の神殿を使用します。
お寺で行う場合は仏様になるため仏前式となります。衣装などは基本的な和装婚で共通していますが、基本的にどちらかが檀家となっているお寺で挙げるなどの違いがあります。

お清めを受けて挙げる挙式

神社は神様のおわす神聖な場所です。神官や巫女が先導して入場が始まります。新郎新婦を始めとし、続いて両親など親族が続いて神殿に入場します。大きな神殿がある場合は友人の列席が可能な場合もあります。
行列となって歩いている姿を神社のそばで見かけたことはないでしょうか。おごそかに列となって進んでいき、入場後に清めの言葉である祓い詞を唱える修祓の儀を経て、挙式がスタートします。

披露宴は別会場となることも

神前式の場合、大きな神社であれば披露宴会場が併設されている場合もありますが、近隣のホテルや料亭、レストランと提携していることも多く、披露宴会場は別になることは少なくありません。
隣接するような近くの会場であれば、歩いての移動もありますが、少し離れている場合、車の手配なども用意しておきましょう。また広い公園のような敷地内を移動するような場合には、人力車で移動も手配できることもあります。式場と披露宴会場のスタッフに移動や衣装についての相談をしておくと安心です。

神前式では和装が基本!

結婚式で着る和装の種類

神前式では和装が基本です。和装の中でも格が一番高いとされるのが白無垢で、神前式ではこちらを着用することが殆どです。白無垢は挙式以外で着用することはありません。ウェディングドレスの白は相手の色に染まるという意味があるという説もありますが、白無垢の白の意味は異なり、神様の前に出るための邪気を祓う、無垢と清らかさの象徴です。
他にも和装の結婚式では色打掛があります。
これはもともとは武家の礼装で、現在では披露宴で着用されることが多いようです。こちらも格は白無垢と同等なので、神前式での着用も可能です。

かぶりものも綿帽子や角隠しなど種類がある

花嫁衣装は礼装では被り物があります。日本髪を結い上げ、その上に白く丸い大きな布を被っているのが綿帽子。上品で控えめな白無垢によく似合います。色打掛で着用してもOKです。
もうひとつが角隠しと呼ばれる四角い被り物です。これは綿帽子より小さく、花嫁の顔がはっきりと見えます。白無垢にも色打掛にも似合います。
披露宴では被り物がない和装でも大丈夫です。洋装へのお色直しがある場合、アレンジしやすいヘアスタイルにしておくのが良いでしょう。

指輪の交換も神前式で可能

指輪の交換は教会のイメージが強いですが、神前婚でも指輪の交換があります。後から取り入れられた風習なので、指輪の交換を絶対にしなければいけないというわけではありません。神社によって異なり、中には赤い糸で作った指輪を交換するロマンティックな儀式を設けている場合もあります。

雅楽の音色の中の伝統的で神秘的な挙式

参列は親族のみが基本

日本古来の伝統的な挙式は、やはり普遍的な美しさがあります。新しい演出とは違った挙式は、ご年配の方にも馴染みがあり喜ばれることも多いようです。神前式などの和装婚でご年配の方が出席される場合、足に気をつけておきましょう。
正座の会場は辛いので、椅子を用意してもらうとご年配の人や正座になれていない人も安心です。

年配の親類が多い時には特に好評

日本古来の伝統的な挙式は、やはり普遍的な美しさがあります。新しい演出とは違った挙式は、ご年配の方にも馴染みがあり喜ばれることも多いようです。神前式などの和装婚でご年配の方が出席される場合、足に気をつけておきましょう。
正座の会場は辛いので、椅子を用意してもらうとご年配の人や正座になれていない人も安心です。

事前に和装での立ち振舞に慣れておく

憧れの和装婚ですが、着慣れていないと立ち振舞いが和装と合わないこともあります。和装はすり足気味で小股で歩くようにしましょう。上げ下げが一歩が大きい歩き方は着崩れにもつながります。もしお手元に浴衣など和装があれば、たまには着てみて慣れておくといいかもしれません。
また袖が長いのでお手洗いなども意識して気をつけておくといいでしょう。

日本の心が形になった儀式のひとつ

神前式の歴史は実はそこまで古いものではなく、大正天皇のご成婚からと言われています。しかしながら、神社には八百万の神の国と言われた日本の姿があります。
新しく家族となっていく人と、自分のルーツを感じる神社での挙式は、一生の想い出になるのではないでしょうか。

【ゼクシィ】
神前式を取り扱った結婚式場を全国から検索できます。
難しい言葉も多い神前式ですが、ゼクシィのサイトではウェディングの用語解説などもあるので安心です。

国内最大級のウエディングサイト「ゼクシィ」。

2500件以上の結婚式場から選べる、国内最大のウエディングサイト。婚約指輪から新生活まで情報満載!ゼクシィ相談カウンターでは、式場や二次会会場探しを始め、ブライダルに関することをお手伝いします。

公式サイトはこちら

人気コラム