比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

最近話題の1.5次会とは?どんな結婚式ができる?

結婚が決まると結婚式をどうするか考えることになりますが、挙式するかしないかだけでなく、どのような形での挙式がやりたいかも決めましょう。地味婚などの傾向も強い中、最近では1.5次会というスタイルも広がってきました。一般的な1次会、カジュアルな2次会とは少し違う1.5次会とはどんな挙式スタイルなのでしょうか。

最近話題の1.5次会とは

その名の通り、1次会と2次会を合わせたスタイル

1.5次会とは、その名の通り、1次会と2次会の中間にあたるスタイルです。1次会では神社やチャペルでの神前式や人前式などの挙式とフォーマルな披露宴を催すのが一般的です。一方で2次会は友人などを中心としたカジュアルなスタイルが一般的。
1.5次会とはその中間に位置するもので、1次会ほどのかしこまった感じはないけれど、2次会よりはフォーマルよりなスタイルを指します。
このスタイルのメリットは、1次会のよさと2次会のよさのいいとこ取りができる点です。

会費制が多数!ご祝儀を意識しないで招待しやすいメリットが

結婚式ではご祝儀制と会費制があります。一般的な挙式と披露宴の1次会ではご祝儀制が一般的。2次会では会費制という場合が殆どです。
1.5次会はその中間なのですが、全体的に会費制を選ぶところが多いようです。相場も多少下がったとはいえ、結婚式のご祝儀は友人であっても2〜3万円が相場とされています。衣装やヘアメイクなども考えれば、友人を呼ぶにはちょっと申し訳ないという人も多く、そのため、その気兼ねが減らせる会費制を選択することが多いようです。

型にはまったパーティーが苦手な人にも人気

1.5次会は明確にこのような流れで進行といったルールがあるわけではありません。盛り上がりなどの会の進行は比較的自由です。1次会のような新郎新婦の入場からご歓談や出し物、ケーキカットといった流れでも問題ありませんし、もっと自由度がある2次会に寄せてもいいわけです。
2次会と違って、親類や目上の人も呼んでいるので、あまりに友人などの若い層に寄せる流れはおすすめしませんが、様々な演出の工夫を格をあまり気にせずにできるのもメリットです。結婚式を挙げたがらない人の中には、人前に出る定番の式が苦手という人もいます。そういう人にも自分達に合わせた演出をすることができるので選ぶ人が増えているようです。

開催側もリーズナブル!? 1.5次会にかかる費用

平均的な結婚式の相場よりリーズナブル

会場にはそれぞれ特徴がありますが、自分達だけの感性だけでなく、呼ぶゲストについても配慮しましょう。友人ばかりの2次会とは異なり、老若男女を招く人も多いのが1.5次会です。高齢のゲストがいる場合は、カジュアルにし過ぎない方が印象もよいでしょう。
またご年配の方が多いと立食型のビュッフェなど、負担になります。会場の目星をつけたら、ゲストとのバランスも考えながら、またスタッフに相談しながら会場を決めるとよいでしょう。着席型にする場合や食事の種類などについても考慮しましょう。

幅広い年齢に合わせた会場がおすすめ

会場にはそれぞれ特徴がありますが、自分達だけの感性だけでなく、呼ぶゲストについても配慮しましょう。友人ばかりの2次会とは異なり、老若男女を招く人も多いのが1.5次会です。高齢のゲストがいる場合は、カジュアルにし過ぎない方が印象もよいでしょう。
またご年配の方が多いと立食型のビュッフェなど、負担になります。会場の目星をつけたら、ゲストとのバランスも考えながら、またスタッフに相談しながら会場を決めるとよいでしょう。着席型にする場合や食事の種類などについても考慮しましょう。

会のフォーマル加減は曖昧!招待状にはドレスコード記載を

1.5次会はまだ新しいスタイルということもあり、招待客がイメージを掴みきれないことも少なくありません。またどのような式かも幅広いため、ゲストはどのような格のファッションにすべきか、悩みどころとなります。
そのため、招待状にはドレスコードを記載しておくと安心です。1次会に近い1.5次会であれば、ある程度のフォーマル感は必要です。
周りの人とのバランスでゲストが居心地が悪くなれば、それはおもてなしの心とは程遠いものになります。正装や平服というように、何を着て欲しいかというより、どの程度の格のファッションの会なのかを伝えておくのが親切です。

演出やお料理は?二次会との違い

食事はビュッフェからコースまで幅広くOK

1.5次会は食事の形式にもこだわりはありません。レストランを会場に選ぶカップルが多いところからもわかりますが、料理にこだわりたい人も少なくありません。
レストランの本格コース料理を楽しんでもらう会もあれば、ビュッフェで好きなものを楽しんでもらう会もあります。
先にも述べたように、ビュッフェ形式は負担が大きい人もいるので考慮が必要ですが、基本的にはどちらを選んでも問題はありません。スイーツビュッフェのようにデザートだけビュッフェというスタイルを取る場合もあります。

本人たちらしい演出ができる自由度が人気

1.5次会はカジュアルな面もあるので、結婚式の演出も様々なものが考えられます。会場のシチュエーションを利用したり、お料理にまつわる演出を依頼したり、余興もいろいろ工夫を凝らす人が多いようです。
気をつけたいのが音出しに関連するものです。
レストランの場合、防音設備となっていない会場では、楽器演奏などはNGとしているところもあります。設備との兼ね合いもあるので、もし音がでる余興を考えている場合は事前に会場に確認をしておきましょう。

海外挙式だった人にもおすすめ!式のDVD上映も

1.5次会を選ぶ人は1次会と2次会を同時に挙げたいというカップルだけではありません。ふたりや両親だけのコンパクトな海外挙式をした人が国内向けのお披露目としても選ばれることが増えています。
2度も挙式はちょっとという場合も、1.5次会ならハードルも下がります。このようなケースでは海外での挙式の様子を上映する演出もおすすめです。

自分達らしい式が挙げられる1.5次会

目的や自分達のスタイルに合わせやすいのが1.5次会です。ホテルや結婚式場の披露宴はちょっと躊躇してしまうという人も、1.5次会なら友人も多く呼べますし、より気軽に挙式について考えられるのではないでしょうか。
大切なのはゲストをおもてなしする気持ちです。
ゼクシイではサイトにて1.5次会向けの会場やプランについても検索できます。

【ゼクシイ】

結婚式場だけでなく、2次会の会場も検索できます。挙式のみや会費制パーティーなど、様々なスタイルでの対応が可能。演出やウェルカムグッズなども調べられます。

国内最大級のウエディングサイト「ゼクシィ」。

2500件以上の結婚式場から選べる、国内最大のウエディングサイト。婚約指輪から新生活まで情報満載!ゼクシィ相談カウンターでは、式場や二次会会場探しを始め、ブライダルに関することをお手伝いします。

公式サイトはこちら

人気コラム