比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

高いクオリティーを求める2人なら~クレイジーウェディングで結婚式~魅力ご紹介

クレイジーウェディングは、お見積りから演出まで新郎新婦のこだわりの結婚式をクリエイトするカンパニーです。結婚式のイメージについて聞かれた場合、少し堅苦しいと答えられる方もおられるかも知れません。そこには型にはめられた感があるのではないでしょうか。二人の結婚コンセプトを大切にした会場創りから細かな演出まで、満足度の高い結婚式が挙げられるクレイジーウェディングの魅力をお伝えします。

数々の感嘆~結婚式の枠を超えたウェディング


クレイジーウェディングは「人生が変わるほどの結婚式を」をコンセプトに多くのカップルに感動を与えてきました。創業5年目にして手掛けた結婚式の数はなんと700組。クレイジーウェディングの凄さは結婚式を挙げた後の新郎新婦の満足度の高さ。一部をご紹介しましょう。

・夢がかない続けた1日だった
・日々、思い出して余韻を味わう度に何度も幸せな気持ちになれます。
・あーすればよかったと後悔することが何一つありません!
・ここまで出来るのかと感動しました!
・コンセプトの発表の時が一番心に残っています。
・私達の結婚式に一生懸命向き合ってくれた事に感動と感謝があります。
・なんで結婚式をあげるの?と言われたのが印象的だった。
・ゲストの反応が想像以上によかった。
など

一般的に結婚式は、結婚式会社が用意したプランを選ぶのが一般的です。しかし、クレイジーウェディングはコンセプトから演出まで星空のように1つとして同じアイテムのない結婚式に仕上げる事が出来るのが魅力ではないでしょうか。

結婚式までの流れ

空間装飾は意外に忘れられがちな部分です。しかし、空間装飾にこだわることで他にはないあっと驚く演出が出来るそうです。会場をおさえると、次はコンセプト創りとなるようです。コンセプトの相談会場はまるでスタイリッシュなダイニングのようなお部屋で暖かい照明のもと話し合われるようです。

クレイジーウェディングでは6名の専任クリエイティブチームを作ることから始まります。その中にはプロデューサー、アートディレクターも含まれているようです。プロデューサーによる2人へのヒアリングが始まります。コンセプト作りですね。コンセプトをもとに空間、総合演出を決めていくので重要なポイントとなるようです。

コンセプト決めはプロデューサー、アートディレクターによって決められるようです。ヒアリングをもとにコンセプトが決められるようです。空間装飾はアートディレクターによってデッサンで提示され、コンセプトをもとにしたさらなる演出なども提案されていきます。文化祭とはまた違う、2人のためだけのオリジナルイベントがトントン拍子に進んでいきそうです。仕上げにリハーサルそして本番と進んでいくようです。

プロデュース力が魅力のクレイジーウェディング

クレイジーウェディングには素晴らしいプロデュース力を持つプロデューサーが数多く在籍しているようです。新卒でクレイジーウェディングに入社された凄腕の方もいらっしゃいますが、多くは違う業界でご活躍された方なので、広い視野でウェディングを創りあげていくようです。

大手人材会社、東京都庁などの政府系機関、銀行、外資系海外企業、元写真家、ブライダル関連のパリで活躍されるフラワーデザイナーなど大学卒業後、様々な会社で経験を積まれてこられた方ばかりです。新しい発想を空間や総合演出に取り入れてもらえそうなスタッフばかりのようです。気になる方はホームページにプロデューサーのプロフィールも掲載されているようです。モデルだと勘違いしてしまうくらい美男美女ぞろいなのは気のせいでしょうか。

紹介欄にはプロデュースや結婚式に対する思いも掲載されておりこの人達になら、自分達の一生に一度の結婚式のすべてをおまかせし、一緒に創ってみたいと思うことが出来そうです。

こんなクリエイティブな結婚式を挙げられる

世界で1つだけしかない2人だけの結婚式、2人のコンセプトによって少しずつ空間も変化していきます。そんな満足度の高い結婚式、どんなプロデュースなのでしょうか。

○スノードーム
新郎新婦がスノードームの中にいる、そんな幻想的な空間に仕上がっているようです。二人のコンセプトは10年来のお付き合い。その間に経験した夏祭り、ダンス、何気ない日常などがいっぱいつまったそんな風景が思い出されそうな空間です。

○フレッシュモーニング
パーソナルトレーナーとして活躍される容姿端麗なお二人。お互いを一も高め合ってきた、これからも高め合い続けたい、そんな2人からインスピレーションを受けたコンセプトは朝の風景。2人がこれから迎えるさわやかな朝のリビングをイメージした光一杯の会場での結婚式が繰り広げられます。

○染み込む
「いくつになってもその時の彼女が一番美しい。」そんな2人の爽やかな雰囲気、相手を思う気持ちを新緑で表現しています。ファッション、時計、ソファなど何気ない日常を2人の高砂席に置き、砂時計が時を刻むようにゆるやかに2人の時間は流れていく、そんなやわらかな雰囲気の空間演出が魅力となっているようです。

○ザ・レッドカーペット
2つの顔を持つMCの新郎、支える女優のような新婦の二人から受けたコンセプトはレッドカーペット。まるで女優がレッドカーペットを歩く、そんな華やかさが演出されています。もちろんゲスト達は助演俳優として参加しているのです。会場はまるで授賞式のよう。高砂席には真っ赤なソファーが置かれ、オスカー像、本物の浮世絵、お二人が主演しているパロディー映画がポスター化されたものが飾られています。思わずあっと息を飲むようなゴージャスさとこだわりが感じられる空間のようです。

2人の思いを一生物の思い出にしたい方にはおすすめ

クレイジーウェディングで結婚式を挙げられた方の多くは、安心しただけではなく、さらなる力や希望が湧いてきたと思う方がほとんどのようです。もちろん、本番までには気苦労もあり、時間もかけて綿密な打ち合わせも時には必要かも知れません。しかし、その成果は出席したゲスト達をも巻き込み、同じように感動を与え、結婚式の良さを何度もかみしめるような、そんな素晴らしい形になっていくようです。
クレイジーウェディング 公式サイト

人気コラム