比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

どうする?遠方ゲストへの交通費・宿泊費!マナーを押さえつつ、賢く節約!

結婚式に招待したい方が遠方にお住まいの場合、ゲストの交通費や宿泊費は誰がどのように負担すればよいのでしょうか?結婚式の準備をスタートさせた方の中には、ゲストに負担をかけたくはないけれど、失礼のない範囲で出費を抑えたい…と悩んでいる方も多いのでは?ここでは、遠方ゲストへのマナーはしっかり守りつつ、賢く費用を抑える方法をご紹介します!

交通費・宿泊費は誰が負担する?

遠方からのゲストを結婚式に招待したい場合、基本的には新郎新婦が交通費を負担するのがマナーです。お祝いごととはいえ、遠方からの参列は時間的にも金銭的にもそれなりに負担がかかるもの。できれば交通費・宿泊費は全額負担するのが望ましいです。
とは言え、遠方からのゲストの人数が多い場合、新郎新婦の負担もかなり大きなものになってしまいます。そのような場合は、交通費・宿泊費のいずれかを負担したり、実際にかかる金額の半分程度を負担したりして、ゲストへの心遣いを表すのが一般的です。
全額負担することが難しい場合、自分たちがどのような形でどの程度負担できるのかを、あらかじめゲストの方に伝えておくようにしましょう。

交通費や宿泊費の負担方法には、負担額分の現金をお渡しする方法と、交通機関や宿泊施設を新郎新婦側が予約してチケットをお渡しする方法があります。現金で負担する場合、お札は新札を用意し、祝儀袋に入れて渡します。上書きは「御車代」もしくは「御車料」とし、結び切りやあわび結びの水切りを使用しましょう。

新郎新婦が交通機関や宿泊施設の手配を行う場合、結婚式前にチケットをお渡しするか、郵送で手元に届けるようにします。最寄りの駅や宿泊施設から結婚式場までのアクセスが分かりやすいように、地図を一緒にお渡しすると親切です。

交通費や宿泊費を節約するコツは?

交通費や宿泊費を現金で負担する場合、節約イコール、祝儀袋に包む金額の減額につながります。これは、ゲストの負担を大きくしてしまいますので、あまりおすすめの方法ではありません。しかし、新郎新婦があらかじめ交通機関や宿泊施設を予約して費用を負担する場合、ちょっとしたポイントを押さえることで交通費や宿泊費を節約することが可能です!

  • 旅行会社のパッケージツアーを利用する

ホテル等への宿泊と交通機関の利用がセットになったパッケージツアーは、正規の利用料金で申し込むよりもお得な場合がほとんどです。セット商品なら別々に予約する手間も減らすことができます。

  • 飛行機や新幹線の早期割引を活用する

飛行機や新幹線のチケットには、早めの予約で格安に購入できるものもあります。各交通機関には様々な割引制度がありますので、利用条件などを確認して利用するようにしましょう。早期割引のチケットは座席数が限定されているものがほとんどのため、早めの予約が肝心です。

  • 人数が多い場合は送迎バスのレンタルも

親族が遠方から参列する場合や、駅や空港から結婚式場が離れている場合、送迎バスをレンタルするのも1つの方法です。送迎バスは荷物や交通の便などを気にせず移動が可能になりますので、ゲストにも喜ばれます。当然ながら、1台当たりの利用人数が多いほど節約になりますので、人数に応じて検討すると良いでしょう。

結婚式場のサービスを活用し、お互いの負担を減らそう!

結婚式場のプランの中には、ゲストの宿泊費を割引するサービスが含まれていることもあります。結婚式の会場としてホテルを利用する場合、通常の宿泊費よりもお得な価格でゲストの宿泊予約ができることがほとんどです。場合によっては、人数限定で宿泊費の無料サービスをつけてもらえることもあります。

新郎新婦にとって宿泊費用が節約になるのはもちろん、ゲストにとっても移動の手間がないため、当日ゆっくりお支度をしていただけます。ご高齢の方や、着物の着付けをされる方にとっては嬉しい心遣いですね。
ホテル以外の結婚式場でも、近隣のホテルと提携している場合は宿泊費が特別価格になることもあります。その場合、できるだけ結婚式場の近くで、アクセスの良いホテルを選ぶとよいでしょう。

結婚式場によっては、送迎バスを無料もしくは格安で利用できるプランもあります。空港や駅から結婚式場までのシャトルバスは、遠方からのゲストだけでなく、当日お酒を飲まれる方や、結婚式場周辺の地理に詳しくない方なども利用することが可能です。
結婚式場のプランに付帯するこれらのサービスを利用する場合、宿泊や交通の予約はウエディングプランナーが行なうことがほとんどです。自分たちで直接手配する必要がない分、新郎新婦側の負担感も軽減されます。遠方からのゲストを招待するご予定の方は、1度相談してみてはいかがでしょうか?

新郎新婦側の負担が前提!節約するなら予約方法を工夫して

遠方ゲストの交通費や宿泊費は、新郎新婦側が全額負担するのが基本の考え方です。全額負担は難しくても、できれば半額程度は負担したいものです。その中で交通費や宿泊費をできるだけ節約したい!という方は、宿泊施設や交通機関をあらかじめ手配するという方法があります。自分たちで予約をしたり、結婚式場のプランを上手に活用することで、負担を減らすことができます。

最後に、遠方ゲストに優しい結婚式場を探すのにおすすめのサイトをご紹介しましょう。

ゼクシィ

「遠方ゲスト」「ホテルウエディング」など、知りたいテーマに沿った体験者レポートから結婚式場を探すことができます。実際の結婚式の様子が写真入りで掲載されているため、イメージも湧きやすく、参考にしやすいのが嬉しいポイントですね。
ゼクシィ 公式サイト

人気コラム