比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

新郎新婦必見!知っておきたい結婚式場への「持ち込み」ルール

ドレスやペーパー類など、沢山のアイテムを準備する結婚式。結婚式で使うアイテムを式場に「持ち込み」する新郎新婦が少なくありません。しかし、式場によって持ち込みに関する細かなルールが定められており、知らずにいると思わぬトラブルにつながることも。こちらでは、新郎新婦が覚えておきたい、式場への「持ち込み」に関する注意点をご説明します!

結婚式場によって異なる「持ち込み」のルール

挙式をすると決まったら、ドレスにブーケ、招待状や引き出物など…式本番に向けて手配する物がたくさんありますよね。

日本国内の一般的な式場であれば、ほぼ全てのウエディングアイテムは、式場にお任せで手配が可能です。式場独自で手配できない場合も、提携している外部業者に依頼する形で準備をしてくれます。ウエディングアイテムの手配を式場に依頼すれば、手間がかからず準備が楽ちんです。挙式前は何かと忙しい時期であるため、ウエディングアイテムの手配を式場にお任せできるのは魅力的ですよね。

一方で、自分のこだわりのアイテムや手作りの品を使用したい人も多いことでしょう。実は「持ち込み」のルールは、式場によってさまざまです。1つの式場の中でOKなアイテムとNGなアイテムが細かく分かれている場合もあります。直前になって思わぬトラブルを引き起こさないためにも、持ち込みを希望する新郎新婦は、事前に式場に確認しておくことが大切です。

成約前に要チェック!持ち込みの可否と料金

持ち込みについて、以下のポイントを確認しましょう。

  • 持ち込みOKなアイテム、NGなアイテム持ち込みを全面的に禁止している式場も少なからずあります。ウェルカムボード、リングピロー、受付のディスプレイアイテム等は、比較的持ち込みOKな式場が多いです。一方、ブーケとケーキを含む生もの、ウエディングドレスなど高単価なアイテム、プロフィールDVDなど式の進行に関わるアイテムなどは持ち込みNGな式場も多いです。
  • 持ち込み料と保管料式場の場合は、持ち込みがOKな場合でも「持ち込み料」がかかるケースがほとんどです。「保管料」という名目で加算される場合もあります。アイテムによって金額に差がありますが、例えば引き出物やペーパーアイテムなどは1点数百円×人数分など。ドレスやブーケなど重要アイテムは数万円単位の持ち込み料がかかることも珍しくありません。
  • 式場は複数候補をピックアップ!安いと思って選んだ式場なのに、持ち込み料を入れると結局高くついてしまうことがあります。こういった事態を想定して、式場選びは初めから1箇所に絞るのではなく、複数の候補を比較することがおすすめです。

ゼクシィ

式場見学予約・ブライダルフェアの予約におすすめです。自分のこだわりポイントを基準に選ぶことができ、比較検討しやすいのが魅力。ゼクシィ相談カウンターを活用すれば、希望の条件をヒアリングした上で提案してもらえます。「候補がありすぎて絞り切れない!」という人には打ってつけのサービスです。

ゼクシィ 公式サイト

知らないと思わぬトラブルにも…!持ち込みをする際の注意点

持ち込みをする際にルールや確認を怠ると、思わぬトラブルにつながるおそれがあります。以下の点に注意しましょう。

持ち込みは「期限」を厳守

アイテムによって持ち込みの期限が異なります。ウエディングドレスの場合は遅くとも挙式1か月前、あるいはウエディングブーケの場合は挙式3時間前など。式場によって期限が異なるのはもちろん、アイテムの性質によっても引き渡すタイミングに大きな違いがあります。このため、あらかじめ式場担当者と持ち込み期限の確認をしておくことが大切です。また、宅急便を利用する場合は配送にかかる期間も考慮する必要があります。

メインの担当者だけでなく各セクションの担当者にも連絡を

多くの式場は、こちらから何も言われなければ全てのウエディングアイテムを自社手配する前提でいます。式場の提案を断って自分でアイテムを手配する場合は、行き違いによる二重発注に十分注意しましょう。

このため、持ち込みに関してはメインの担当者への確認が必須。そのアイテムを実際に管理する担当者が別にいる場合は、その人にも連絡しておきましょう。直接打ち合わせをする機会がない場合は、メインの担当者に対して、申し送りは済んでいるか確認すると安心です。

アイテムの取り扱いに関する注意事項

持ち込みで最も注意したいのは、アイテムの破損や汚損です。特に、思い出の品物や友人が手作りしてくれた物など、作り直しが効かないものは要注意です。配送を依頼する場合は丁寧に梱包をしましょう。

また、衣装類は型崩れやシワに注意が必要です。メーカーから直送する場合は専用のケースに入れてくれるため安心ですが、自宅から持ち込む際は持参すると良いでしょう。プロフィール映像をおさめたDVDや余興で使うグッズなどは、初期不良が心配です。式場に到着後、不具合がないか確認してくれるよう、担当者に依頼しましょう。

持ち込みルールを確認して理想通りの結婚式を!

自分たちならではのアイテムを結婚式に持ち込むことで、オリジナリティを演出することができます。持ち込みアイテムを自作したり、準備する時間も楽しいですよね。とはいえ、せっかくの持ち込みアイテムも、当日に使用できなければ無駄になってしまいます。「希望のアイテムが持ち込めない」「持ち込んだアイテムが破損して使えない」などといったトラブルを未然に防ぐためにも、事前にしっかり式場と打ち合わせして手配を行いましょう。備えあれば憂いなしですよ。

人気コラム