比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

結婚式の相場が知りたい!地域や式の形で変わる結婚式費用

現代は結婚式離れや地味婚志向と言われていますが、そもそも結婚式にはいくらくらいかかるのでしょうか。お金がかかるイメージが強い結婚式ですが、式の形式や招待客によって金額は全く違うので、相場というものはあってないようなところがあります。

しかし、こういった式ならどれくらいという目安は存在しているので、挙げたい式と相場のイメージがわかれば、予算も決めやすくなります。

結婚式場のタイプで違うかかる費用の相場

総合的には全国的な平均は350万円前後

結婚式についてのリサーチは様々な会社が行っていますが、数々のデータを見ても全体的に結婚式にかけるお金は平均して350万円前後が主流となっています。招待客の人数で最も多いのが、だいたい70人前後のため、70人規模の結婚式を挙げるにはだいたい350万円かかっていると考えられます。

しかしこれはあくまで平均です。式場やオプションによって、金額は変わってきます。招待客によっても変わるので、予算と会場、招待客の人数など、何を優先するのか決めておくといいでしょう。

ゲストハウスウエディングやホテルウエディングは相場が高め

会場ごとの相場の違いとしては、高めの部類に入るのがゲストハウスウエディングやホテルウエディングです。一軒家を借り切るゲストハウスウエディングは、プライベート感があるため、家族や親しい人と気兼ねない結婚式を挙げたいという人に向いています。比較的新しい形式なので、設備も充実しており、できる演出もおしゃれで新しい物を選べる会場も多くなっています。

ホテルウエディングは格式を重視する人にもおすすめです。ご年配の親族や両親の会社関係者まで招くようなフォーマル感ある挙式にも向いています。また遠方の参加者がいる場合、交通の便や宿泊場所の確保にも便利です。

相場低めは挙式のみやフォトウエディング

一方でリーズナブルな結婚式が挙式のみやフォトウエディングです。フォトウエディングは写真を撮ることをメインとしているので、コンパクトな式にしたい人や予算を抑えたい人向けです。

また結婚式が高くなるのは主に披露宴や衣装にまつわる部分です。そのためその部分を重視しない結婚式は相場が低くなります。しかし参列者がいる場合は、レストランウエディングといかないまでも、出席者のお食事会などを催すのが一般的です。

相場は一般的な挙式と披露宴のみ

平均相場では70人程度のゲストが一般的

全体的な相場から考えれば、ゲストが70人前後が一般的と言われています。

この相場は挙式と披露宴のみの価格です。会場代だけというわけではなく、相場の中には演出や食事、衣装代などは含みますが、結婚式では他にもお金がかかります。

例えばゲストの交通費となるお車代などはこの金額には含まれません。平均相場の予算はギリギリだけれど大丈夫そうと判断するのは少し早計です。相場に含まれない費用のことも考慮しておきましょう。

二次会やパーティーなどは別途費用が発生

結婚式の予算に含まれていないもので大きな出費のものは、二次会などの披露宴とは別に行うパーティーです。結婚式の招待人数の都合や、式は身内のみにして、友人や知人とはパーティーでお披露目したいという人は、結婚式とは別に披露パーティーを行います。

当日の二次会と位置づけて開催することもありますが、どちらも相場の予算外になっており、会費制の場合が多いようです。

このような別途予算となるイベントもあるため、気をつけておきましょう。

会場のデコレーション費用やオプションにも注意

具体的に結婚式の予算をシミュレーションしてみた時に、思ったより高くなってしまったというカップルは少なくありません。相場から導き出した予算は、一般的な範囲とされているものなので、ブライダルフェアやコーディネータースタッフと相談しているうちに、やりたいオプションや会場のデコレーション費用が想定よりかかってしまう場合があります。

実際にブライダルフェアや展示会でドレスやオプションを見ていると、ついやりたくなってしまうものですが、すぐに決めてしまわないで、全体を見通して計画を立てるとよいでしょう。

結婚式の費用に自己資金がどの程度必要か

ご祝儀はお気持ちで考える

さて相場に加えて他にも費用がかかる結婚式ですが、自己資金はどのくらいかかっているのでしょうか。結婚式はゲストがご祝儀を用意するのが通例です。結婚式や披露宴では、少なくともそのご祝儀に見合うおもてなしをするのが一般的ですがこれは全額を使って、お返しするわけではありません。

そのため最終的な支払いは全額が自己資金となることはありません。しかし相場があるとはいえ、ご祝儀はあくまでお祝いのお気持ちです。その点を考慮して余裕を持って、ゲストへのおもてなしを考えたプランがおすすめです。

両親からの援助はどの程度あるものか

最近では、自分たちだけで負担しようと考えるカップルは増えていますが、結婚式では7割前後が親や身内から援助されていると言われています。自立心から自分たちだけでと考えるカップルも多いのですが、元々日本では結婚は家同士の結びつきとして考えられていたこともあり、程度の差はあれど、親が負担することは決してめずらしいことではありません。

親も負担するのであれば、両家のバランスや親の経済状況なども踏まえて総合的にどの程度協力してもらえるのかを判断しましょう。

予算と式の希望が決まれば節約することも可能

予算が決まれば、行いたい式や招待客の調整の目安がつけやすくなります。ちょっと予算オーバーをするけれど叶えたい希望があるなら、重点を置いていないところで、節約できるポイントがないか、探してみましょう。

持ち込みが可能な式場かを確認して、問題がなければ、ペーパーアイテムなどは発注ではなく自作するという方法もあります。式の撮影を友人にお願いすることでカメラマン費用を抑えることも可能です。

節約で気をつけたいのは、ゲストに直接関わるお料理などはコストダウンしない方がよいでしょう。友人に協力してもらう場合には、それに応じた謝礼も必要です。

相場はあくまで目安!工夫次第で予算内で理想の結婚式をめざそう

お金がかかるからとなかなか踏ん切りがつかない人や、憧れのウエディングがあるけれど、貯金の目標額がわからないという人は、一度相場と予算を見直してみましょう。コーディネーターさんに予算ありきで相談するのも一案です。

また、マイナビウエディングでは、格安結婚式など予算を考慮した特集も掲載されています。会費制の結婚パーティーのプランも掲載されているので、相場や予算が気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

マイナビウエディング

結婚準備のためのノウハウや、希望に合った結婚式場を検索できる結婚情報サイト。こだわりに合わせた特集も多く、結婚式のイメージがつかみやすくなっています。

マイナビウエディング 公式サイト

人気コラム