比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

結婚式の受け付けは誰に依頼すればいい?依頼するときのマナーとは

結婚式が始まる前は、新郎新婦は衣装の準備などで非常に多忙を極めます。そのため、一般的にはゲストの中から受付をしてもらう人を選任して、案内やご祝儀の受取、そしてお車代の手配などをしてもらいます。ただ、結婚式の受け付けはいったい誰に依頼すればいいのか、依頼するときのマナーなど気になることは非常に多いです。今回は、結婚式の受付の依頼について、ご紹介します。

ゲストには受付でどのような事をしてもらうのか

一言で結婚式の受付といっても、単純なものではなく、その役割は非常に重要なものです。結婚をする両家の「顔」として、ゲストをお迎えしておもてなしをする役割を担っています。新郎新婦よりも早く、親族やゲストと顔を合わせるので、失礼なことがないようにしてもらわなければなりません。

・会場入り
受付をしてもらう人には、他のゲストよりも早く会場入りしてもらわなければなりません。結婚式が始まる1時間前には来てもらいます。

・受付の準備
最初に行うのは受付の準備です。受付台などは、式場で準備してもらっているはずですので、芳名帳やゲスト名簿などが揃っているかどうかのチェックをします。

・ゲストのお出迎え
ゲストが受付に来たときには、あくまでも両家目線で受け答えをしてもらいます。お出迎えの際には、ご祝儀の受け取り、芳名帳の記帳をゲストへ促します。芳名帳を確認しながら、名簿と照らし合わせてチェックします。この時にお車代を渡す必要がある場合は、忘れずに渡してもらいましょう。そして、受付が終了すると、受け取ったご祝儀をまとめて、新郎新婦が指定する人にご祝儀を渡してもらいましょう。

このように、受付の役割は非常に多く、さらに金銭のやり取りもありますので重要な役割を持っています。そのため、受付を依頼するときにはしっかりと人選しなければなりません。

どのような人に受付を依頼すればいいのか?

一般的に受付の人数は、新郎新婦それぞれのゲストから1~3名ずつ依頼することが多いです。その日のゲストの人数によって変動しますが、中でも特に2名ずつの4名で受付をしてもらうケースが少なくありません。受付によほど慣れていて、手早くできるような人がいるのならば、もっと少なくてもいいのかもしれません。

ただ、ほとんどのゲストが同じようなタイミングで会場入りすると、人数が少なければ対応することができなくなってしまう恐れがあります。気持ち多めかな?と思うくらいの受付人数のほうが、依頼されるゲストも安心感を得ることができるでしょう。

受付を依頼する人を選別する際には、次のポイントで選んでみましょう。

・愛想の良い人
・時間にきっちりした人
・フレキシブルに行動できる人
・責任感がある人

そもそも、ゲストに来る人が無愛想だとそのほかのゲストが嫌な思いをしてしまう恐れがあります。また、時間にルーズで遅れてくるということは、もってのほかです。結婚式当日には、どのようなトラブルが起こるかわかりません。

とっさの対応力に優れており、金銭管理をきっちりとできる友人などに受付の依頼をするようにしましょう。また、できるだけ遠方ではなく、近くに住んでいる人に依頼をすることで、受付をしてくれるゲストの負担を少しでも軽くすることができます。

ゲストへの頼み方や注意すべきマナー

受付をお願いする際には、直前になって急にお願いしたのでは相手に迷惑をかけてしまいます。ゲストにも予定がありますので、可能であれば結婚式の1ヶ月くらい位前までには相談をするようにしましょう。また、マナーとしては相手のうちにお伺いをして、直接お願いをするのが良いとされています。

ですが、ゲストとの間柄に寄りますが、電話やメールで相談をしてもかまわないでしょう。相手が快諾してくれた場合、当日の会場入りの時間や一連の受付の流れ、そしてお車代や受付の時にお願いしたいことなどを伝えておくとなお良いでしょう。

また、受付をしてもらったゲストに対しては、高額である必要はありませんが一定の謝礼をするようにしましょう。3,000円から5,000円程度の商品券などが良いでしょう。もし、受付をしてくれるゲストが女性である場合は、結婚式場でのヘアメイクを会場でしてもらっても良いでしょう。

謝礼を渡す際には、あからさまに渡すのではなく、ちょっと目立たないところで渡すようにすると相手も気を使うことなく受け取ってもらうことができるでしょう。

信頼のおけるゲストに受付をお願いしましょう

結婚式当日は、新郎新婦が準備に追われているため、仲の良いゲストに結婚式の受付を依頼するのが一般的です。受付では、ゲストへの挨拶だけではなくご祝儀やお車代の管理、そして名簿で来場チェック、突発的な対応など重要な役割を有しています。そのため、受付をしてもらうゲストを選ぶ際には、対応力があり責任感の強い信頼できる友人に依頼するようにしましょう。

また、ゲストの人数が多い場合は、受付が混雑する可能性があります。新郎新婦双方のゲストを合わせて4人から6人の受付を準備しておくとよいでしょう。

人気コラム