比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

結婚式で受付をお願いしたら・・・御礼はどうする?

結婚式での受付の役割

皆さん、結婚式に参加された経験がおありの方なら、結婚式での受付のイメージというのは、頭に浮かぶことと思います。結婚式の受付とは、参加人数にもよりますが、大半は新郎側から2名、新婦側から2名に依頼し、ゲストからのお祝儀を受け付ける役割のことをいいます。

会場には、受付の場所が設けられ、そこはゲストが一番はじめに訪れる場所でもあります。受付では、お祝儀を受け付ける他に、ゲストに芳名帳の記名をして頂いたり、席次表をゲストに手渡して頂くなどのお仕事があります。

受付係にはどんな人を選べばいの?

結婚式での受付の役割については、これまでにご説明させて頂きましたが、果たして受付係をお願いするのには、一体どんな人を選べばよいのでしょうか??

まず第一に、受付ではゲストからお祝儀を受け付けてもらいますので、多額のお金を預かることになります。勿論、受付終了後は、すぐに新郎新婦の家族へと手渡されますが、なかなか緊張感のいる仕事かと思われます。このようなことから、信用があつく責任感がある人にお願いするのはとても重要なことと思われます。

次に、先ほどご説明もさせて頂きましたが、受付ではゲストの方との様々なやり取りがございますので、人見知りをする人よりは、コミュニケーションが円滑にとれる方が望ましいでしょう。また、できれば新郎側、新婦側ともにそれぞれが友達同士や同僚など、気遣いなくできる間柄の方々にお願いすれば、受付もよりスムーズに進むことでしょう。

受付の方への気配り

ゲストの人数にもよりますが、受付にはゲストが列をなし、いっぺんに集まることも多々見受けられます。そんな時、受付をして下さる方たちは対応に追われ、とてもバタバタします。

また、時間も長くなることもありますので。女性の方はヒールの高い靴を履かれていることがほとんどですので、時間が空いた時など、楽に過ごして頂くようにイスを用意しておくと親切かもしれませんね。

また、最近では、ゲストの皆様にウェルカムドリンクやウェルカムオードブルなどが、開宴前に振舞われることが多々あります。このような場合、受付の方はギリギリまで披露宴会場に入ることができませんので、スタッフの方に受付の方用の飲み物を用意していくなど、そういった気配りがあると喜んでいただけることでしょう。

受付の方への感謝の気持ち

パーティーの窓口である受付をして下さった皆様へ、感謝の気持ちはきちんと伝えたいものですよね。

・受付中に

受付をされている際に、受付係の方の集合写真を撮ってもらうようにカメラマンに予め伝えておき、後日感謝の気持ちとともにプレゼントするのも喜んで頂けるでしょう。

・披露宴の中で

例えば、披露宴の中で司会者に『本日受付をして下さった皆さんをご紹介します。』といった形で紹介をして頂くのもその一つでしょう。
或いは、サプライズという形で何かプレゼントを贈る方もいらっしゃいます。
または、席札にメッセージカードを添えるのも、感謝の気持ちを伝える一つの方法ですね。

具体的なお礼の内容

受付の方への感謝の気持ちの伝え方を何点かご紹介させて頂きましたが、ここでは、具体的なお礼の内容についてみていきましょう。

一番オーソドックスな形からご紹介させて頂きますと、やはり『御礼』といった形で3000円~5000円程度を、きちんと熨斗袋にお包みし、それぞれの両親からお渡しされるのが一番無難かもしれません。渡して頂くタイミングとしては、受付終了後に受付係が預かったお祝儀を両親に渡すタイミングがふさわしいかと思われます。

もうちょっと凝った御礼がしたいという方も中にはいらっしゃるでしょう。例えば、イニシャル入りのトートバッグや、サーモマグなど、事前に注文が必要にはなりますが、思い入れがあって、また記念にも残りますので喜んで頂けるかもしれません。
また、中には現金はちょっと堅苦しいので・・・。と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、商品券やカタログギフト、お食事券などをお礼として選ばれてもいいかと思います。
現金にするのか、品物にするのか、ギフト券などにするのか、いずれの場合も、受付をして下さる方との間柄も今一度考えて、お礼の仕方をお二人で相談して頂きたいと思います。

まとめ

ここまで、結婚式での受付の方の役割と、具体的なお礼の仕方についてなどお伝えしてきましたが、新郎新婦からの感謝の気持ちをお伝えするのは、この場限りではありません。是非、受付をして下さった皆さんを後日新居にお招きして、ホームパーティーなどを開催するのも、気持ちが伝わるのではないでしょうか。披露宴の限られた時間ではあまりゆっくりとお話をすることができないことがほとんどです。当日新郎新婦の二人が目にすることができなかった受付でのゲストの皆様の様子など、当日のお話で盛り上がること間違いありません。受付という大役を担ってくれた大切な方々です。お二人らしく末永くいいお付き合いをなさって頂きたいと思います。

人気コラム