比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

結婚式で知りたいことNO1⇒自己負担の相場っていくらくらい?

さて、結婚が決まったら一番気になるのは、一体どれくらいの費用を自分達が負担するのかということだと思います。結婚式では、憧のドレスや演出など、あれもしたいこれもしたいという夢も広がるかと思いますが、費用の問題は、とても現実的な問題であることを忘れてはいけません。

今回は、結婚式を挙げる上で、自分達が負担する額がどれくらいになるのかを様々なケースとともにみていきたいと思います。

自己負担額の出し方について

まず、おさえておきたいことは、結婚式の自己負担額をどのようにして算出するかということです。自己負担額は、式場からの請求金額から、ゲストから頂くお祝儀の合計額と両親や親族からの援助してもらったお金の合計をひいて算出される額のことをいいます。分かりやすく、計算式で書いてみると以下のようになります。

自己負担額=式場からの請求金額―(お祝儀の合計+両親、親族からの援助金)

それでは、実際に先輩カップルの例を挙げて自己負担額の計算をしてみたいと思います。先輩カップルは、式場から358万円の請求がありました。ゲストは80人でした。そして、両親や親族からの援助として合計30万円ありました。ゲストが80人ということですが、一人あたりのお祝儀の平均は3万円です。単純計算をすると240万円のお祝儀が集まったということになりますが、注意すべき点として、例えば会社の上司や、親族などは3万円以上のお祝儀を包まれるケースが多々あるということです。実際にこの先輩カップルのお祝儀の合計金額は240万を上回る、285万円だったそうです。それでは、実際に上の計算式にあてはめて、算出してみましょう。

自己負担額=358万円―(285万円+30万円)ということになります。この場合、自己負担額は、43万円ということになります。

自己負担額を算出する上で注意すべき点

結婚式が近づいてくると、結婚式場からの見積もりとにらめっこをしながら、あれこれと準備に追われる忙しい日々かと思います。自己負担額が大体どれくらいになるか、事前にある程度見通しをつけることはとても大切なことかと思います。お金がかかるのは、結婚式だけではなく、新生活を送る上で沢山のお金がいることを忘れてはなりません。自己負担を算出する上で一番のキーポイントは、お祝儀で集まる金額が大体いくらになるかを算出することです。

単純に3万円×人数ではなく、ゲストとの間柄を考えて計算するようにすると、大きなズレがなく実際の金額に近づけて算出することができるでしょう。参考までに、夫婦で参加されるゲストのお祝儀は、一組大体5万円、上司も5万が平均と言われています。両親や祖父母など、結婚式の費用の援助をして頂く場合は、恐らく事前にその金額が分かるので、正確に見積もることができるのではないかと思います。

いずれの場合も、このようにお祝いをして頂けるのも決して当たり前のことではありませんので、ゲストや両親への感謝の気持ちは絶対に忘れないようにしましょう。

お金は計画的に準備しよう

先程、先輩カップルの例を挙げ、実際の自己負担額の算出をしてみましたが、招待するゲストの人数や親族からの援助というのは、それぞれで違ってくるので、自己負担額もそれぞれです。中には、自己負担額ナシで賄える場合もあるでしょうし、その逆で自己負担額が高額になる場合も多々あります。結婚という大きな節目を迎え、結婚式はとても大きなイベントではありますが、あくまで一つの通過点であることを忘れず、新生活を送る上でお金が沢山いることをしっかりと頭に入れて、お金は計画的に準備をするようにするとよいでしょう。

例えば、ハネムーンに行く場合など、結婚式とは別にまた大金が必要となりますし、家具や家電を新調するのであれば、これにも高額なお金が必要となることを忘れてはいけません。

おもてなしの心を大切に

自己負担額を少なくしたいからといって、式場からの請求金額を減らそうとするのは絶対にやめましょう。ゲストはお二人の為に、その日の予定を空け、お祝いの気持ちとともにご祝儀を用意されます。例えば、料理のグレードを極端に下げたり、引き出物のランクを落としたりすることは、ゲストもあまりいい印象はうけないでしょう。

どうしても金銭的に厳しいのであれば、ゲストのおもてなしに関わる内容から減額するのではなく、演出や装飾など、自分達で手作りを取り入れるなど工夫をして、コストをおさえることができないか見直すべきかと思います。ゲストへのおもてなしの心は常にもち、これからも末永いおつきあいができるよう、ゲストに喜んで頂ける挙式・披露宴を心がけるようにしましょう。

まとめ

さて、これまで結婚式の自己負担についてお話ししてまいりましたが、皆さんの自己負担額はうまく算出できそうですか?請求内容を今一度確認して、無駄がないかを見直すことも大切ですし、ゲストにきちんとしたサービスが行き届く内容になっているかを改めて確認してみましょう。

お二人からゲストへの感謝の気持ちとともに、おもてなしの心をきもちんと届けることを心がければ、お二人にとってもゲストにとっても素晴らしい結婚式となると思います。

人気コラム