比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

どうすればいい?国際結婚で必要な書類や手続きとは

かつては、国際結婚というと少数派であり特別な印象を抱く人が多かったようです。しかし、グローバル化した現代において、国際結婚をするカップルは非常に増えてきているといいます。ただ、国際結婚をするためには通常の結婚と違って特殊な手続きなどが必要になるケースが多いです。今回は、国際結婚に必要な書類や手続きについてご紹介します。

国際結婚をするためにはどんな書類がある?

通常日本人の男女が結婚をする場合、婚姻届や戸籍謄本、本人確認書類などを提出することで婚姻関係を成立させることができます。ですが、国際結婚の場合はそれだけでは受理してもらうことはできません。国際結婚の手続きをするためには、主に次の書類が必要になります。

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本
  • パスポート
  • 婚姻要件具備証明書

一般的にはこれらの書類が必要となりますが、自治体によって違いがあるといいます。そのため、必ず事前に確認をするようにしましょう。なお、通常の入籍と違って特殊な書類は「婚姻要件具備証明書」です。この書類は結婚相手である外国人が、法的に独身であり、なおかつ相手の国において結婚をする要件が整っているということを証明するための書類です。

この婚姻要件具備証明書は、結婚相手の大使館や領事館で書類を発行してもらうことができます。ただし、国によっては発行することができないケースもあります。その場合は、別途書類が必要になるので大使館や領事館で確認をするようにしましょう。

国際結婚をするための主な手続き

まず手続きの前に、手に入れた婚姻具備証明書の和訳を作成してください。婚姻具備証明書は外国語で記載されています。和訳がないと受理してもらうことができません。この和訳は、誰が作成しても良いので翻訳が得意な人に依頼をするとよいでしょう。

日本で婚姻届を提出する際は住んでいる役所の戸籍課、在日大使館に問い合わせるとよいでしょう。改めて必要書類を確認して、準備した書類に問題が無ければ、住んでいる役所の窓口へ提出をすることで受理をしてもらうことができます。婚姻届が無事に受理されれば、「婚姻届受理証明書」を発行してもらうことができます。この書類を持って在日大使館へ届出をすることで、外国側の結婚手続きをしてもらうことができます。

これで、婚姻関係は正式に成立します。しかし、婚姻関係が成立しただけでは外国人が日本に永住することはできません。法務省において在留資格の変更申請をすることで、外国人が日本に住むことを許可してもらうことができます。

国際結婚をするために注意する点とは

国際結婚をするときの注意点としては、スピード感を持った手続きを心がける必要があります。これらの書類というのは、それぞれ有効期限が設定されています。日本側が発行する書類は発行後3ヶ月、外国側が発行する書類は発行後6ヶ月が期限となっています。せっかく書類を手に入れても、期限を過ぎてしまうとすべてやり直しとなります。できるかぎり、早急に手続きを進めるようにしましょう。

また、提出する書類が成立要件を満たしているのかしっかり確認をして提出をしましょう。一般的には、婚姻要件具備証明書があれば必ず受理してもらうことができます。しかし、国によってはこの書類がありません。代わりの書類が成立要件を満たしているのかどうかは、役所ではなく法務局が判断します。結果が出るまでに1ヶ月から3ヶ月かかるとされています。もし、相手の国で婚姻要件具備証明書が発行されない場合は、予定を前倒しして手続きをする必要があるでしょう。

ルールを守れば手続きはスムーズ

通常の結婚とは必要書類や手続きが違うため、戸惑ってしまうかもしれませんが、ルールを守って丁寧に手続きをすれば、意外にスムーズに進めることができます。無事婚姻関係の成立をする見通しが立ったのであれば、下記サイトで結婚式場を決めましょう。

マイナビウエディング

マイナビウエディングでは、エリアだけでなくお得なプランやパッケージプランなどから式場を探すことができます。無料相談サロンもありますので、気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。

マイナビウエディング 公式サイト

人気コラム