比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

結婚式の印象を決める受付!頼む人はどんな人か

結婚式にお呼ばれした時、笑顔と共に受付をしてもらえると、これから始まる式がよりいっそう楽しみになるものです。式の受付は、業者や式場スタッフではなく、基本的には身内やゲストが担当することが多いようです。どんな人にいつまでに頼めば良いのか、受付をお願いする時に気をつけるべきことはなんでしょうか。

結婚式の受付を頼みたい!大切なポイントとは

受付はゲストが最初に対面する人

結婚式の受付とは、ゲストが最初に顔を合わせる人です。いわばその式の印象を決める顔となる立場です。受付の人がだらしなかく見えると、ご祝儀を預けて大丈夫か不安になりますし、ぶすっとしていればお祝いに集まったゲストの気持ちに水を差すことになります。

友人や身内にお願いすることになりますが、頼むならどのような人がよいのでしょうか。ゲストが式に気持ちよく参加してもらうことができる受付にはいくつかのポイントがあります。

TPOに応じた大人のマナーを持ちあわせている人

ひとつはどんな時にもきちんとした大人としての対応ができる、TPOに合わせたマナーを理解している人です。仲間内とは違い、結婚式の招待客は年齢層は幅広く、すべての世代に不快な印象を与えないことが大切です。

また、結婚式の受付は通常複数人で行います。受付をお願いした人が知らない人と受付をすることもあります。そのため、初対面でもスムーズにコミュニケーションできるようなマナーを持ち合わせている人が望ましいのです。

会場入りを早めにしても問題がない人

どんなにデキる人でも受付に向かない人がいます。それは会場から距離が離れているところに住んでいる人です。受付は早めに会場入りするため、結婚式場が遠い人には、かなりの負担になります。結婚式には早めに会場入りしても大丈夫な人にお願いしましょう。

どんなに近いからといって、大丈夫だろうと即判断するのは問題です。特に女性の場合はヘアメイクのスケジュールを考慮すると厳しいという人もいます。お願いする時に引き受けてもらえるなら、ヘアメイクについても相談しておきましょう。可能であれば、会場のヘアメイクを手配するのもおすすめです。

信用が最も大切なポイント

受付はご祝儀を預かる責任ある立場

受付はゲストをチェックすると同時に、ご祝儀を預かるのがメインの仕事となります。お金、しかもお祝いの気持ちがこめられたものを預かるのですから、責任は重大です。そのため信頼して任せられる相手である必要があります。

信頼している人の中でも、責任感があり、几帳面な人が向いています。てきぱきと動ける行動力がある人なら受付もスムーズに進みます。以前に結婚式の受付をしたことがある人も、経験があるので落ち着いてこなせることが多いようです。

服装や立ち振舞がきちんとしている人

結婚式というフォーマルな場での受付ですから、服装や立ち振舞も重要です。TPOに応じたファッションを選べることも大切ですが、言葉遣いやゲストへの対応も常識的な大人としての立ち振舞が求められます。

開演時間が近づくと受付も混雑していきます。忙しく対応していても笑顔を絶やさず、ハプニングにも冷静に対応できるような、大人の余裕がある人がいいでしょう。

事務職や会計関連のお仕事についている人なら安心

人柄だけでなく、仕事のジャンルによって受付に通じるスキルがある人もいます。お金を預かり、ゲストを確認する作業は、会計関連や事務職にも通じます。日頃からお金を扱い慣れている人なら焦らずに受付の仕事をこなせます。

秘書業務のようなスケジュール管理しながら、人をサポートする業務の人も、ゲスト対応に向いている場合があります。受付を頼む人が思いつかない時には、お願いできるかもしれないゲストの仕事や経験を思い出して考えてみましょう。

受付の頼み方や引き受けてくれた人へのお礼

あなただから頼みたいと真摯に伝える

受付は結婚式が始まる前、ゲストが歓談して待つ時間から働いてくれる立場です。結婚式までの時間を慌ただしく過ごすことにもなるので、少なからず負担があります。

受付には信用がおけることが大切です。その点をしっかりと相手に伝えてお願いしましょう。自分が信用している大切な相手だからこそ、頼みたいとしっかり伝えましょう。他に人がいないからと泣き落とすようにお願いするのはあまりよくありません。あなただからこそという信頼を感じ取ってもらうことが大切です。

依頼は早めにして準備を含めて打ち合わせを

頼む人が決まったら、早めに相手にお願いしましょう。結婚式をする時期と場所が大まかに決まったすぐ後くらいがよいでしょう。早いお願いは問題はありませんが、万が一挙式が遠方になる場合を考えると、結婚式におおよそのめどがついた段階が望ましいと言えます。

結婚報告をきちんとした後に、直接合うか電話でお願いしてみましょう。メールを使う場合も、電話をかけていいタイミングを確認する程度にとどめておきましょう。大役をお願いすることになるのでメールで簡単にお願いするのは失礼にあたります。

引き受けてくれた人へのお礼

結婚式の受付は身内にお願いするので、カメラマンなどのようにギャランティが発生するわけではありません。そのかわり御礼として、3000円から5000円程度を包んで御礼にすることが慣例です。

渡すタイミングは結婚式の前です。新郎新婦ではなく、お願いした側の両親から渡します。受付が終わり、ご祝儀を届けた時に御礼を渡すことも多いようです。

結婚式の受付はボランティア!引き受けてくれた気持ちを大切に

結婚式の受付を引き受けてくれた人は、損得ではなく、新郎新婦の役に立ちたいという気持ちがあるからこそ引き受けてくれる、ボランティアのようなものです。引き受けてくれた気持ちに感謝して、後日自分からもきちんと御礼を伝えましょう。

結婚式には受付だけでなく、お車代や心付けが必要なシーンがあります。ゼクシィではそういった結婚式のマナーや明確ではない出費の相場の情報を掲載しています。

ゼクシィ

結婚式場検索や花嫁カフェという、結婚準備のためのSNSなども用意されたサイト。マナーや相場についても特集されているので、結婚準備で悩んだら一度のぞいてみましょう。

ゼクシィ 公式サイト

人気コラム