比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

収穫あるブライダルフェアにするために~あらかじめ準備・注意しておきたいポイント

結婚情報サイトにはゼクシィ、マイナビウェディング、ハナユメ、楽婚など様々なアイテムがあります。その中に必ずといっていいほど出てくるイベントがブライダルフェア。ブライダルフェアは気軽に参加してくださいと書いてあるところが多いものの、実はブライダルフェアに出かける前に準備しておきたいことや、あらかじめ知っておいたほうがいい注意点などがあるようです。収穫あるブライダルフェアだったと実感するためのポイントをお伝えします。

挙式のスタイルは決めておいたほうが楽

ブライダルフェアに参加する場合、ホテルや結婚式場などには挙式スタイルによって式場が分けられているところもあります。

もちろん、すべての挙式スタイル別の結婚式場を見学することも出来ますが、出来るだけたくさんの種類を見て納得するためにも挙式スタイルをしぼりこんで、何社ものブライダルフェアに参加し結婚式場を見学するほうがより効果的に幅広く結婚式場探しが出来そうです。挙式スタイルはこちらに分かれているようです。

・チャペル婚

クリスチャンでなくても、キリスト様に祝福されて結婚式を神聖な気持ちで挙げてみたいと思われる方も挙げることができるようです。映画やドラマの舞台にも多くのチャペルが利用されていることもあり、新婦様には大変人気スタイルです。

・神社婚

日本は昔から、海、山、空、風、海の幸、山の幸など自然や歴史上の日本人の偉人を神とたてまつりながら歴史を歩んできました。白無垢姿の新婦は、チャペル婚のウェディングドレスとはまた違う、清らかな美しさを引き立たせてくれそうです。由緒ある神社ならではでの挙式が人気を巻き返し、古き良き日本の文化を大切にしたいと思う新郎新婦が増えてきているようです。

・人前婚、ゲストハウス婚

出席してくれたゲストのみんなが2人の結婚の証となってくれている、そんな温かい人間模様がうかがえる結婚式が多いようです。ゲストハウス婚は、チャペル婚や神前婚のように格式ばった形式ではなく、新郎新婦がゲストを入口までお迎えしたり、式の最中もゲストの輪の中に入ってみんなでパーティースタイルでお祝いするという、ゲストにとっても楽しい結婚式となることが多いようです。

・ホテル婚

全国の有名ホテルで結婚式を挙げることは、一種のステータスとも言われているほどです。一生ものの結婚式において、豪華ホテルで結婚式を挙げたい方におすすめです。チャペル、神式、ガーデン婚などタイプ別に式場が分かれているところも多いようです。

・ガーデン婚

都会で日のあたる趣あるガーデンで、まるでフランスの野外パーティーのようにバーベキュー形式や、キャンプ風に和気あいあいとした雰囲気で楽しめる結婚式スタイルのようです。

ゲストの人数は大体把握しておく

招待しても、ゲストの予定の都合が合わないこともあるでしょう。しかし、ブライダルフェアに参加する前には、ある程度誰を呼びたいかというゲスト人数を把握しておいたほうがいいようです。新婦様だけでなく、新郎様側のゲストの人数も把握しておきましょう。

ゲストの人数がわかることで、お得になる結婚式スタイルとしては、ご祝儀婚などがあります。マイナビウェディングでは特集で「自己負担金0円でかなう結婚式」が紹介されているようです。東京都、茨城県などで当日決済などを利用するウェディング会社などもあるようです。

誰を招待するのか~リスト化しておくと便利

ゲストの人数をある程度把握しておく場合、リスト化しておくとあとあと便利なようです。

  • 親や兄弟
  • 親戚やいとこ
  • 友人
  • 知人
  • 会社関係

これらの人々について、住所や電話番号なども一緒に記録しておけば、引き出物やお祝儀のお返しなどでも活用できそうです。ノートよりもエクセルなどが変更がすぐに出来るのでおすすめです。また、祝辞などをお願いする場合など、備考欄を作っておけば便利なようです。

ある程度のゲストの人数が把握できると、ブライダルフェアに行けば一人当たりの予算、全体のベーシックプランの場合の予算などを計算してもらえるようです。また、食事についてアレルギー対応であるかなども確認できるようですし、幼児がいる場合やバリアフリー施設かどうかなどの事前チェックもゲストを把握しておくことで事前確認が出来そうです。

予算~負担できるのはいくら?あらかじめ準備すればプランがたてやすい

とにかくブライダルフェアを楽しみたい、そう思うのは当然です。しかし、結婚式を挙げる主役は新郎新婦様なのです。ウェディングプランナーさんとしても、予算を決めているカップルとそうでないカップルとでは、プランの紹介のしやすさにも影響がありそうです。例えば、AとBという2つのカップルがいたとします。

○Aの場合

プランナーさん:会場の雰囲気はどうでしたか?
Aさん達:はい、とっても素晴らしかったです!
プランナーさん:有難うございます。どんなイメージがいいかなど、結婚式について理想や希望はありますか?
Aさん達:はい、とってもきらびやかで、お食事も美味しくて、演出も凝ったものがいいです。

○Bの場合

プランナーさん:会場の雰囲気はいかがでしたか?
Bさん達:はい、なかなか素晴らしいものでしたね。
プランナーさん:有難うございます。どんな結婚式がいいかなど、イメージはございますか?
Bさん達:そうですね、私たちは予算が○○くらいなので、この額の範囲内で最高の結婚式を挙げることができないかと。

この2つの場合、Bさん達のほうが、プランナーさんがプランやお得なところを紹介しやすいのが分かるのではないでしょうか。よく勘違いしがちなのは、低予算をブライダルフェアで告げてしまうと、安物のプランしか紹介してもらえないのではないか、手抜きされてしまうのではないかと心配することです。プランナーさんとしては、予算にかかわらず、新郎新婦様にとって最高の結婚式を提示したいと常に考えているので予算の大小はあまり気にしなくてもいいようです。

それよりも、具体的な予算を提示できる状態でブライダルフェアに参加したほうがイメージがわきやすく、余裕資金部分についてのオプションの紹介もしてもらえそうです。特にプロデュース婚を希望されておられる新郎新婦様の場合、予算がないと進まないことも。

ブライダルフェア~いつでも成約できる状態で参加するのがポイント

今回ご紹介したポイントは、ブライダルフェアで運命の結婚式場に出会った場合に、収穫ある1日にするためのコツでした。そうは言いましてもブライダルフェアに参加したその日に、運命の結婚式場に出会えるわけがないと思われた方もおられるかも知れません。

しかし、初日から素敵な結婚式場や素晴らしいウェディングプランナーさんに出会えるなどする場合も想定しておき、いつでも成約し、具体的な結婚式の計画が出来る状態になるような準備は必要なようです。もちろん、結婚式に参加されたことがない初々しい新郎新婦様の場合は、ブライダルフェアを体感しにきたというだけでも十分歓迎されるのでご安心を。

人気コラム