比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

ゲストに本当に喜んでもらえる結婚式で余興&サプライズのコツ

結婚式の披露宴には楽しい余興が付きものですね。最近はサプライズ演出の人気も高まっています。成功すればパーティーが一段と盛り上がる余興&サプライズですが、スベってしまったりゲストに不快感を与えたりしてしまうリスクは決して小さくありません。本記事では、参加者全員に喜んでもらえる余興&サプライズの秘訣をご紹介します。

余興を考える際はいろいろな立場の参加者がいることを忘れずに

下ネタに走って周囲を凍りつかせるのが余興でよくある失敗パターンです。特に新郎の友人がやりがちなのでくれぐれも気をつけましょう。結婚式には同僚や友人だけでなく、目上の方や高齢の親族、小さいお子さんなど幅広い世代・立場の方が参加することを忘れてはいけません。服を脱いだり一気飲みしたり、新婦のスカートにもぐったりなどの下ネタ系余興は男友達の間ではウケるかもしれませんが、それ以外の参加者からはひんしゅくを買ってしまいます。

下ネタ系の余興をすれば手っ取り早く盛り上げられるというのは大きな誤解です。やっている本人たちは楽しいでしょうが、女性や高齢者、子供にとって不快な演し物はお祝いの席の余興としてふさわしくありません。お酒を飲んで大騒ぎするのもみっともないものです。下品な余興のせいでせっかくの挙式・披露宴が悪い印象のものになってしまっては新郎新婦にとってもゲストにとっても残念です。最悪の場合、余興が原因で新郎新婦との仲がこじれる恐れもあります。ゲストに不快感を与えるような余興は絶対に避けましょう。余興やサプライズを考えるときは、参加者全員が気持ちよく楽しめるものであるかを考えてみてください。

独りよがりは厳禁!皆が楽しめるものを

余興やサプライズで避けるべきは下ネタ系ばかりではありません。参加者全員が楽しめるものという観点から言うと、新郎新婦と友人たちしか意味のわからない内輪向けの余興は考え物です。友人グループの間ではウケても、他の人たちがポカンとしてしまうような余興は避けるべきです。

また、突然ダンスを始めたり歌い出したりといったサプライズ演出も最近は増えていますが、ゲストには必ずしもウケがよくないこともあります。サプライズをする際にはゲストの好みをよく考える必要があります。せっかくの機会だからぜひともサプライズをやってみたいということなら、気の置けない友人だけが集まる二次会でやるのも一つの方法です。2次会のプロデュースを専門に行っている「2次会本舗」では、友人による余興をサポートしてもらえるほか、プロの芸人さんに余興や司会を頼むことができます。プロの盛り上げテクニックはやはり別格!と人気です。思い切り余興を楽しみたい新郎新婦はぜひチェックしてみてくださいね。

友人だけでなく新郎新婦自らが行う余興やサプライズにも注意点があります。歌やダンス、演劇などはある程度のクオリティが伴っていないと、見ている側は楽しめません。人様にお見せできるレベルかどうか、冷静に考える必要があります。結婚式では新郎新婦が主役であることはいうまでもありませんが、自分たちばかりが感動してゲストは置き去りという状況はやはり避けるべきです。余興やサプライズを決める際は自分たちの世界に浸らず、ゲストに楽しんでもらえるものかどうか客観的に考える姿勢が大切です。

新郎新婦の人となりがわかるような余興がベスト

そもそも余興やサプライズは何のためにするのでしょうか。パーティーが退屈にならないよう時間を埋め、場を盛り上げるという役割ももちろんありますが、それ以上に大切なのは新郎新婦へのお祝いの気持ちを表し、ゲストに二人のことをより知ってもらうという役割です。

余興やサプライズは単に面白おかしいものではなく、新郎新婦の好きなものや仕事の内容に関わりのあるものだとベストです。たとえば、ピアノが得意な友人に演奏を頼む際には、単に結婚式向けの曲にするのではなく、新郎新婦の好きな曲や思い出の曲をリクエストしてみてはいかがでしょうか。演奏と合わせて曲にまつわるエピソードなども紹介するといっそう素敵です。余興を通じて、「この二人はこういうことが好きなんだな」「こういう共通点があるんだな」「こういう仕事をしている人なんだな」ということをわかってもらえれば、新郎新婦への親しみの気持ちが増し、祝福の気持ちがいっそう強くなります。みんなで楽しめる歌、コント、クイズなどを通じて、新郎新婦の人となりを伝えられればとても素敵ですね。

まとめ

余興やサプライズはうまくいけばパーティーをいっそう盛り上げることができますが、スベってしまうと場面が白けてしまうリスクがあります。ゲストには年配の方や女性、子供もいることを考えると、下ネタ系の余興は避けるべきです。一部の友人間でしか通じないような内輪ネタや独りよがりになりがちな演出・余興も望ましくありません。

余興はお祝いの席を楽しくすると共に、新郎新婦の人となりについてゲストにより深くわかってもらうためのものでもあることを忘れないようにしましょう。

好感度アップ&新郎新婦HAPPY~結婚式の余興・サプライズとは?ポイントご紹介

人気コラム