比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

結婚式にゲストとしてお呼ばれしたら?好感度UPのためのマナーご紹介

結婚式にゲストとして招待された場合、招待状、ご祝儀、ファッション、食事の仕方などのマナーが気になるところではないでしょうか。マナーがないゲストだなと思われてしまうと、後々の新郎新婦の関係にも悪影響があることも。新郎新婦に失礼のないようなマナーはもちろん、ゲストとして好感度をあげるためのマナーについてお伝えします。 

招待状を早めに返信すると好感度UP?お祝儀はいくらくらい?

結婚式の招待状が届いたとしても、ついつい返信が遅れてしまいがちです。締切日までに返信すればいいと思っていませんか?

実は返信には出欠の確認欄があります。出席人数を1日でも早く把握することが出来れば、新郎新婦は座席、食事、引き出物の数などの準備に取り掛かることが出来るというわけです。少しでも協力的なゲストをアピールする場合は、出来るだけ早い招待状の返信をするとベターでしょう。

結婚式当日、もし遅刻しそうになった場合はどうしますか?マナーとしてふさわしくないのは、新郎新婦に連絡してしまうことです。そのためにも招待状を忘れずに持っていき、受付に電話するようにしましょう。もし、招待状に書いてある受付の電話番号が分からない場合は、一緒に出席する人に伝えておくのも1つです。

ご祝儀あれこれ~いくらくらい包むのがベター?

結婚式当日は、受付でご祝儀をお渡しすることになるでしょう。気になるのが金額です。一般的なご祝儀の金額はこちらになっています。

・友人や会社関係者:2~3万円
・親族:5~10万円

2万円は2分されるという意味合いから、離婚を意味するので縁起が悪いとされていました。その場合は5千円札2枚と1万円札1枚の計3枚にするのがいいようです。4万円は避けたほうがいいでしょう。

キャンセルしなければいけなくなった場合のご祝儀はどうなるのでしょうか。2週間以上前ならご祝儀はお渡しする必要はないようです。しかし、それ以上前にキャンセルする場合、ご祝儀は送付するなどしておくのがいいようです。1人キャンセルしても、ホテルの食事、サービス料、引き出物などがキャンセルできないからです。

当日の受付では、「ご祝儀です。」や「お祝いです。」と言うよりは、「本日はおめでとうございます。」と言ってお渡しする方がいいようです。お誕生日なども「プレゼントです。」といきなり渡さないですからね。ご祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包んで持参し、受付で袱紗から取り出して、文字が受付側になるように両手でお渡しするのがマナーのようです。

ファッションに関するゲストマナーは?

ファッションに関しても気になるのがマナーです。基本はこちらです。

・花嫁より目立つのはNG

そのため、ウェディングトレス、お色直しの後のパーティードレスと被らないことはもちろん、それ以上に派手だったり露出が多いのはNGとなるようです。ノースリーブドレスなら、ストールはマストですし、生脚はNGです。また、マナーという点から見た場合、かかと部分が丸見えのパンプスや、つま先が見えるパンプスもNGのようです。

ラフすぎるのもNG

花嫁より目立ってはいけないからと言って、ノーメイクや普段着など結婚式らしくない服装はNGです。イメージとしては、花嫁を引き立たせるような明るいドレスやメイクですね。花嫁の雰囲気に合わせてコーデすることがゲストはマナーとして求められそうです。ポイントはこちらです。

・明るめメイク
・明るい印象を与えるファッション
・ワンポイントの光沢(アクセサリーやワンポイントで光沢のあるドレスなど)

これらを花嫁よりも目立たないよう心掛けてお洒落することで、新郎新婦への敬意にもつながるようです。

食事のマナーあれこれ

最近多いのは、スープパスタです。スプーンとフォークを使い、スプーンの上でパスタをフォークで巻いていただくのが一般的です。しかし、マナーとしてはNGです。フレンチでは、パスタをいただく場合は右手でフォークを、スープをいただく時は持ち変えて右手でスプーンをというように片手だけでいただくのがマナーだからです。

海外映画などでは、粋な女性が肘をついてランチをいただいている場面もあります。しかし、マナーとしては肘をついてワインを飲んだりするのはNGのようです。また、姿勢についても背もたれにもたれるのもマナー違反となるようです。リラックスしながらも、紳士淑女の姿勢は崩さないのがマナーだと言えそうです。

和食の場合の好感度UPマナーとは?

和食の場合、お造りが出てくることも。白身から食べ、まぐろなどの赤身は後で食べるのがマナーのようです。わさびはついつい醤油に溶かしてしまいがちですが、お造りに乗せていただくのがマナーのようです。大根のツマや大葉を食べるのは下品だと思う方もおられるようですが、マナーとしてはいただく方がいいようです。食べにくい場合は大葉に巻いていただくといいでしょう。

天ぷらは淡泊なアイテムから上になっているようなので、そのままいただくのがキレイな食べ方のようです。大皿の料理を小皿に取り分けていただく場合、逆さ箸にしてしまいがちです。その場合はスタッフを読んで取り箸を持って来てもらう方がマナーとしてはいいようです。

手皿はNG?

おさしみなどをいただく場合、醤油がたれないようにと手皿をしがちです。しかし、手皿はマナーとしてはNGのようです。結婚式の場合、懐紙を持っていっておき、手皿の代わりに使うとマナーのいいゲストだと思われるようです。また、焼き魚をおさえる場合やナフキン替わりにもなります。お皿が1枚しかなくて、汁物の上に乾物料理をいただくなどする場合に、敷いてから取るのにも便利です。

お吸い物のフタを閉めるのかどうかですが、閉めるのがマナーのようです。フタの表面は漆が施してあり、出来るだけ傷つけないように元通りにフタをするのがいいようです。逆さにしてフタをする方もいるようですが、表面をキレイに魅せるためにも元通りにフタをするのがいいようです。

マナーを楽しめるゲストで好感度UP

マナーを意識するあまり、緊張を隠せないほどになるのは逆効果です。実は笑顔でリラックスしていただくのもマナーだからです。まずは新郎新婦に失礼にならないようにする、つまり新郎新婦が主役であること、ドレスや食事を引き立たせることを念頭に置いておくことがポイントです。そうすれば粗雑になったり、エスカレートしたファッションなどにはならないはずですから。ゼクシィー、マイナビウェディング、楽婚などでもゲストマナーについてのあれこれが掲載されているようです。

人気コラム