比べる・選べる・結婚式場比較&予約サイト
FIND WEDDING

友人としてのゲスト参加で気をつけたい結婚式マナー

結婚式に招かれたら、心からお祝いを伝えたいもの。その新しい門出に気をつけたいのはマナーです。結婚式は慶事なだけに縁起にまつわることや気遣うべきポイントがあります。マナー違反をしてしまうと、招いてくれた方の顔に泥を塗りかねません。常識的な範囲からでもいいので、結婚式のマナーはきちんと把握しておきましょう。

結婚式のマナー・服装編

友人として参加する時の服装

結婚式に友人として参加する場合、基本的に正装から準礼装にあたる服装を選びます。アフタヌーンドレスやイブニングドレスは正装です。スピーチなどを頼まれている時にも、このクラスの服装がよいでしょう。出席のみの場合はかっちりとした結婚式でなければ、準礼装にあたるカクテルドレスやタウンフォーマルウェア、セミアフタヌーンドレスでも大丈夫です。

ドレス選びにもいくつか気をつけたいことがあります。まず白がNGというのはよく知られていますね。白は花嫁の色です。白または遠目や写真写りが白に近い色は避けましょう。

毛皮などNGアイテムもある

ファッション全体を通してNGとなるポイントがあります。毛皮は殺生を感じさせるということで、祝い事の場にふさわしくないと考えられています。見た目からフェイクファーも避けた方が無難です。また同じ理由で蛇革などのバッグや靴も使えません。

足を出すなど露出にも気をつけましょう。派手な露出はNGです。ドレスなどでどうしても肌が多く見えるのであればボレロやショールで調整しましょう。靴もサンダルはおしゃれなものでもNGです。特にオープントゥタイプは爪先(妻先)として妻が先に出るという説があるほどです。ご年配の方が出席されるような場合は特に気をつけましょう。生足もNGなのでストッキングを着用しましょう。伝線対策で予備をひとつ持っておくと万全です。

和装で参加する時の注意事項

和装の出席をする場合も基本的に、礼装と準礼装で考えましょう。着物が洋装と異なる点は、未婚であれば振り袖が礼装になる点です。振り袖は未婚の女性が着るものなので既婚の場合、着ることはできません。
そしていくら礼装でも身内でなければ黒留袖などは着用しない場合が殆どです。色留袖や訪問着が基本です。
着物は細かく格が決まっています。小紋や浴衣は普段着やおしゃれ着にあたるものなので、結婚式では着用できません。
着物を着る場合、手持ちの着物だけではなくレンタルをする人も多いので、レンタルを検討するなら、その時にお店の人と用途を伝えて、格などについても相談すると安心です。

結婚式のマナー・事前準備編

出欠のハガキをどう出せばいい?

招待状には返信はがきがついていることが殆どです。返信はがきはまずご出席、ご欠席と選べる枠があるので、どちらかに丸をつけます。送り返す時にはごの部分は消してから出席か欠席を囲むようにしましょう。

返信期日が書いてあるので、その日までに届くようにしましょう。早ければ早いほどいいでしょう。出欠の確認は新郎新婦側にとって、引き出物や食事の手配に影響するので、遅くなると迷惑がかかります。

最近ではアレルギーの有無を確認されている場合や、ひとことメッセージを添えるようになっている場合もあります。
返信先は招待してくれた友人とは限りません。ご両親、もしくは幹事ということもあるので、誰が読んでも大丈夫なきちんとした文面でお返しします。

出欠が未定の場合はどうすればいい?

出席の予定がまだわからない場合、返信が遅れそうなら必ず先方に断りの連絡を入れておきましょう。事情は様々あると思いますが、これは基本的に特別な状況です。出産予定が近いなど、予定がどうしても決めにくい場合などが多いようです。準備に影響しますので、理由をきちんと伝えて先方に相談します。その上で、どう対応すべきか決めましょう。

ご祝儀の金額とご祝儀袋の選び方

友人の立場での出席は基本的にご祝儀の額は2〜3万円です。以前は2という数字が割り切れる数字なので結婚式では避けられていましたが、今では「ペア」という意味もあるので問題ありません。これは会費を提示されていない披露宴などの場合です。1.5次会や2次会といった会費がある場合については、指定された金額だけで大丈夫です。

結婚式のご祝儀にはいくつかポイントがあります。まずお金を入れた時の折り返しですが下の余りの部分が上になります。反対に上の部分を上に重ねるのは悲しみを受け流すという弔事の折り方になるので気をつけましょう。また結んである水引は結び切りとなっているものを選びます。蝶結びなど解ける結び方は、慶事に使うのはいいのですが、結婚のご祝儀では縁が解ける意味となるので避けましょう。

結婚式のマナー・当日編

受付でのご祝儀の渡し方

ご祝儀はご祝儀袋をそのままバッグに入れるのではなく、袱紗などに包んで用意します。袱紗とは小さな風呂敷のようなものもあれば、最近では同じような素材でご祝儀袋サイズの袋になったものもあります。袱紗は慶事と弔事では色が変わってきます。中間色の紫などは、色味によっては、どちらでも使用できますが、基本は赤やオレンジなどの暖色系が慶事、青や緑系の寒色系、及び黒が弔事用と考えていればいいでしょう。
受付に渡す時には、目の前で袱紗から出して、名前が見えるように差し出しましょう。この時「この度はおめでとうございます」と一言添えます。

結婚を祝いたい時にプレゼントを考える人もいますが、プレゼントは当日受付には渡してはいけません。基本的にご祝儀以外のプレゼントは、式の後何かと荷物が増える新郎新婦の負担になるので、何か贈るのであれば、式の後、後日に配送するか、会ってお渡しするのがよいでしょう。

手荷物は小さめにして他はクロークへ

会場にはあまり大きなカバンを持ち込みません。手荷物は小さくしておきましょう。小さいバッグだと系や化粧ポーチと入り切らないこともあります。その場合は会場ですぐ必要なものをのぞいで、別のカバンでクロークに預けてしまってはいかがでしょうか。

テーブルマナーに気をつけて

コース料理をいただく機会はなかなかありませんが、食事のマナーは大切です。フレンチの場合、シルバー類は基本的に外から使うことを覚えておくといいでしょう。
食器の音をさせないのも当然ですが、大切なのは周りにどう見えるかです。そのため、飲酒は少し控えめに酔っ払わない程度に楽しみます。
ご歓談のおしゃべりもあまりに騒々しいと周囲の迷惑です。大人として最低限のマナーを意識して、おいしい料理をいただきましょう。

大切な人の門出にマナーはできるだけ守りましょう

普段からマナーは大切ですが、結婚式ではさらに気をつけるべきでしょう。招待してくれた新郎新婦のためにもきちんとしたマナーを心がけたいですね。きちんとしたマナーを身につけることは自分自身のためにもなります。

<ゼクシイ>
ゼクシイでは結婚式にまつわる情報を扱っています。結婚準備完ペキマニュアルからはゲストについての説明もあり、どうしていいかわからないという時に調べることができます。ご祝儀や招待状マナーも掲載されているので、確認しておきましょう。
ゼクシィ 公式サイト

人気コラム